家

マイホーム建設で人気!一条工務店で理想の住宅を造ろう

将来の増改築に備える

男性

新築時から準備を始める

地震に強い頑丈で長持ちする住宅が注目されるにつれ、一戸建てに可変性を求める茨木の人が増えています。可変性のある家とは、年齢や生活に応じてより住みやすいように変えていける家のことを指します。将来2つに仕切れるワンルームの子供部屋などがその例です。変えていく、つまり増改築やリフォームをする可能性がすでにあるなら、一戸建ての新築時から茨木で準備を始めましょう。増改築しやすいプランとしにくいプランがあるため、設計担当者に予め伝えておく必要があります。工法別に見ると、木造軸組が最も手を加えやすいといえます。間取り変更の他に、将来階段に手すりを取り付けたいなどの細かいリフォームでも、新築時の下準備が重要になります。茨木では水回りの増設などは大掛かりな工事が必要になるため、ゆくゆくは2世帯住宅に変更したいと考えている茨木の人は、特に綿密な相談と打ち合わせが大事です。また、メンテナンスのしやすさも大切な要素です。定期的に一戸建てを点検し、こまめに修理しながら長く一戸建てに住むのが理想的です。外壁は湿式よりも乾式の仕上げの方が、メンテナンスの手間がかからずにすみます。ひさしを出すのも外壁の劣化を防ぐ工夫です。内装については、例えば下地用のクロース+ペンキ仕上げにしておけば、汚れた時に自分たちで塗り替えることができます。またムク材など汚れたり傷がついても、みすぼらしくならない素材を取り入れるのもおすすめです。