家

マイホーム建設で人気!一条工務店で理想の住宅を造ろう

育児に適したベッドタウン

模型

特に注目されているエリア

寝屋川は、戦後の近畿での経済成長にあわせて、急激にベッドタウンとして発展していった都市です。地域の大部分が平野となっていて、住宅地に適しているため、新築一戸建てが増えていったのです。それに伴って、小学校などの校舎も次々に増設されたことから、自治体による育児支援も活性化していきました。そのため育児をしやすい都市としても注目され、そのことが新築一戸建ての増加にさらに拍車をかけたのです。寝屋川の中でも特に、中央部を南北に走る路線沿いのエリアに人気があります。この路線を利用すると、大阪中心部への入り口となる京橋には約15分で、京都中心部への入り口となる丹波橋には約30分でアクセスできるのです。そのため通勤の便の良さを考慮して、多くの人がこのエリアで新築一戸建てを購入しています。そして、寝屋川の東部から南部にかけてのエリアでは、古い建物が密集していることから、再開発のための区画整理が計画されています。道路が広くなったり、大型の商業施設が増えたりと、利便性が高くなることが期待されているため、このエリアの新築一戸建てを選択する人も多くいます。また寝屋川は、標高が低めとなっている上に、西側に大きな一級河川が流れているため、水害がやや発生しやすいとされています。それを回避するための広大な遊水池も設けられているのですが、個々での対策も大事ということで、昨今では地盤改良を施した新築一戸建てが増えています。より安全に生活できるということで、こういった新築一戸建てもよく選ばれています。